尾張名古屋の永遠の23才です。
今回は菩薩物語2の第16回をお送りします。

菩薩物語とはこの世の人間に対して、天界にいる菩薩が人間をサポートするという設定で、妙法菩薩という架空の存在が主人公です。

傍理菩薩の空想の中で展開します。

菩薩物語の進行、解説役は語り七菩薩(かたりななぼさつ)によって行います。
語り七菩薩の自己紹介はこちら
菩薩物語 第1回

夢奈菩薩夢奈菩薩

前回は妙法菩薩が印を解き、妙峰如来が妙法菩薩の前に現れた。

奈秘菩薩奈秘菩薩

妙峰如来と妙法菩薩が話をする中で、次のことがわかってきた。

夢奈菩薩夢奈菩薩

本来なら今の時点で妙法菩薩は処分されている。しかしそれは元々の天界の意思ではなかった。

奈秘菩薩奈秘菩薩

妙法菩薩がよしひろ救出にこだわり、天成如来の痕跡解析に手を出したことが原因だった。

夢奈菩薩夢奈菩薩

そのことがわかっていたので妙峰如来はあらかじめ妙法菩薩に警告したが、妙法菩薩は聞き入れなかった。

奈秘菩薩奈秘菩薩

妙法菩薩が処分されるのは必定だったため、妙峰如来が天界に無断でこの時空にやってきた。

夢奈菩薩夢奈菩薩

妙峰如来が妙法菩薩の身代わりに立てた人形が天界にバレる可能性もある。

奈秘菩薩奈秘菩薩

バレた場合、妙峰如来も疑われる可能性が高いため、一刻も早く天成如来を探し出す必要が出てきた。

夢奈菩薩夢奈菩薩

天成如来の体の隔離先はみさとの体内である可能性が高いことがわかった。

妙法菩薩妙法菩薩

それではどうやってみさとに接触するのですか?

妙峰如来妙峰如来

社長の体も、院長の体も今は行者集団の管轄下にある。したがって社長や院長の体を借りてみさとに接触することはもはや不可能だ。

妙峰如来妙峰如来

だが方法がただ1つある。それはかなり危険な方法ではあるが・・・。

妙法菩薩妙法菩薩

それはどのような方法なのですか?

妙峰如来妙峰如来

それはそなたの身代わりの人形ではなく、そなた自身がみさとの体内に封印されてしまうことだ。

妙法菩薩妙法菩薩

え・・・?

妙峰如来妙峰如来

心得違いをするでない。そちは自由の身で、みさとの中に封印されるということだ。

妙峰如来妙峰如来

したがってみさとの体外にも自由に出入りができる。もちろん目的はみさとの体内で天成如来殿を探し出すためである。

妙峰如来妙峰如来

ただし天界からすればそなたは封印されていることになるので、本来なら身動きは不可能だ。

妙峰如来妙峰如来

みさとの体内でも自由の身になりえるには、わしの授けた結界真言を唱え続けることが必要なのだ。

妙法菩薩妙法菩薩

結界真言とはどのようなものなのですか?

妙峰如来妙峰如来

結界真言を唱え続けることで、唱え続けた者の身があたかも封印された状態に映るのじゃ。

妙峰如来妙峰如来

したがって仮に封印先から外へ出ても、真言を唱え続けることで、封印先に隔離されたままの状態が維持できるのだ。

妙法菩薩妙法菩薩

つまり私がみさとの体内に封印されても、結界真言を唱え続ける限り、みさとの体外に出て、活動したとしても、天界からは私がみさとの体内に封印されたままであるように映るということですね。

妙峰如来妙峰如来

だがそこで気をつけねばならんことがある。

妙峰如来妙峰如来

先程言ったように、結界真言を唱え続ける限り、まず安全だということだ。

妙峰如来妙峰如来

これが何を意味しているかわかるか?

妙法菩薩妙法菩薩

結界真言を唱え続けるということが安全と・・・。

妙峰如来妙峰如来

言葉をなぞっても意味がない!

妙法菩薩妙法菩薩

・・・

妙峰如来妙峰如来

みさとの体内にいる場合はそれでよい。ひたすら真言を唱えればよいことが否が応でも理解できる。

妙峰如来妙峰如来

しかし問題はみさとの体外に出て活動しているときだ。

妙峰如来妙峰如来

一見外に出て活動しているように見えても実は時空のトリックでそのように感じることができるというだけなのだ。

妙峰如来妙峰如来

一旦封印された場合、そなたの体自体はみさとの中に封印されたままなのだ。

妙峰如来妙峰如来

そこへ真言を唱え続けることをやめてしまうとその時点で、時空のトリックが使えなくなり、そなたは体とともに感覚も封印され、このわしとも連絡がとれなくなってしまうのだ。

妙法菩薩妙法菩薩

つまりみさとの体外に出て活動しているときに、周囲の状況にかられて真言を唱えるのをやめてしまわないように気をつけるということですね。

妙峰如来妙峰如来

そうだ。いくら時空のトリックを使っているとはいえ、そなたには、実際に外にいるように全てがリアルに感じられる。もちろん人の会話も聞こえてくるし、わしの話も聞くことができる。

妙峰如来妙峰如来

それゆえ、気を許して真言を唱えるのを中断すると即、そなたはみさとの体内の中に身動き1つできない形で終わってしまうのだ。

妙法菩薩妙法菩薩

1つ気になることが・・・。

妙峰如来妙峰如来

何だ?

妙法菩薩妙法菩薩

私から貴方様にいろいろと尋ねたりするにはどうすればよろしいのですか?

妙法菩薩妙法菩薩

このままだと真言を唱え続けなければならないため、貴方様に報告や相談ができなくなってしまいます。

妙峰如来妙峰如来

実はそのためにある仕組みを作っておいた。

妙峰如来妙峰如来

そなたに会うときにわしが変化(へんげ)した天界の童子がおろう?

妙法菩薩妙法菩薩

はい。

妙峰如来妙峰如来

その童子は実はわしが勝手に借り受けておるのじゃ。天界には無断でな。

妙法菩薩妙法菩薩

そのようなことが許されるのですか?

妙峰如来妙峰如来

わしの言うことも聞かずに、天界の意思の範疇外の「よしひろを救う」に固執するそなたのために、仕方なくわしも一肌脱いだ結果だ。

妙法菩薩妙法菩薩

・・・

妙峰如来妙峰如来

その童子にわしがウォークイン中に、その童子の中にそなたが入るのだ。もちろんそなたの意識をその童子の中に入れることだが・・・。

妙峰如来妙峰如来

ウォークイン中は、わしが別の結界を張っておるために、そなたが一時的に真言を唱えるのを中断し、わしに語りかけても結界真言が破られることはない。ただし条件が1つある。

妙法菩薩妙法菩薩

条件とはなんですか?

妙峰如来妙峰如来

童子の中に出入りする瞬間は結界真言を唱え続けなければならないのはもちろんだが、真言を唱えるのを中断し、わしに語りかける場合には、息継ぎをしてはならん!

妙法菩薩妙法菩薩

それはどのようなことですか?

妙峰如来妙峰如来

私に語りかける際、言い始めから言い終わりまでを全て一息で行えということだ。

妙峰如来妙峰如来

つまり語りかける最中に息継ぎをすればその時点で結界真言が切れてしまうのだ。

妙峰如来妙峰如来

実は一息で話し続けることで、それを結界真言を唱え続けていることになるのだ。

妙峰如来妙峰如来

よって結界真言を唱え続けている最中に、無言を一切挟まず、続いてわしに語りかけ、そのまま引き続き結界真言を唱え続けるという形をとるのだ。

妙法菩薩妙法菩薩

結界真言と語りかけの要件の間には一切、無言を入れてはいけない、そして用件は一息の中で言い切るということですね。

妙峰如来妙峰如来

そうだ。もちろん、結界真言の唱えに戻った場合には、その後の息継ぎは可能だ。

妙峰如来妙峰如来

後は、この童子が今わしによってウォークイン中であるという合図を見極めることだ。

妙法菩薩妙法菩薩

合図とは鳥のことですか?

妙峰如来妙峰如来

そうだ。わしがウォークイン中には必ずその童子が鳥と戯れておるか、鳥が周囲を舞っておるようにする。それ以外はその童子には入ってはならんぞ。

妙法菩薩妙法菩薩

鳥が貴方様のウォークイン中の合図ですね。そして貴方様と接触したい場合には、結界真言を引き続き唱えながら、童子の中に入っていき、無言を挟まずにそのまま用件をあなたに伝え、そのまま無言なしで引き続き結界真言を唱えるということですね。

妙峰如来妙峰如来

その通りだ。要領は大体わかったな。

妙法菩薩妙法菩薩

はい。

妙峰如来妙峰如来

最後に、これも大切なことだが、みさとの中に封印される前に結界真言を唱え始めないと意味がないぞ。

妙法菩薩妙法菩薩

わかりました。

妙峰如来妙峰如来

くれぐれも結界真言だけはどのようなことがあっても唱え続けることだけは肝に命じるのだぞ。

妙峰如来妙峰如来

それではよいな?

妙法菩薩妙法菩薩

はい、ですがこれからどうやって・・・。

妙峰如来妙峰如来

今は、そなたの身代わりに人形が捕捉された状態である。

妙峰如来妙峰如来

そこでわしが人形生還の術をかける。

妙峰如来妙峰如来

すると今度は人形がわしの手元に戻り、代わりにそなたが人形のいる場所に移動する。

妙法菩薩妙法菩薩

私と人形が入れ替わるのですね。

妙峰如来妙峰如来

そうだ。万が一既に人形がみさとの体内に封印された後のことを考えて、そなたは今から結界真言を唱えるがよい。

妙峰如来妙峰如来

まだ人形がみさとの体内に封印される前であれば結界真言は封印される前を見計らって唱え始める形でよい。

妙峰如来妙峰如来

それではよいな?

妙法菩薩妙法菩薩

はい、お願いいたします。

秘富菩薩秘富菩薩

妙峰如来は結界真言の内容や唱え方を妙法菩薩に伝授した。

次回へ続く