尾張名古屋の永遠の23才です。
今回は菩薩物語2の第26回をお送りします。

菩薩物語とはこの世の人間に対して、天界にいる菩薩が人間をサポートするという設定で、妙法菩薩という架空の存在が主人公です。

傍理菩薩の空想の中で展開します。

菩薩物語の進行、解説役は語り七菩薩(かたりななぼさつ)によって行います。
語り七菩薩の自己紹介はこちら
菩薩物語 第1回

夢奈菩薩夢奈菩薩

前回では、天性菩薩が妙法菩薩に対して自らが掴んできた情報を共有した。

奈秘菩薩奈秘菩薩

天成如来ウォークイン中の社長と妙峰如来ウォークイン中の院長との間で今までやりとりしていたが、社長のウォークインが途中で中断されてしまった。

夢奈菩薩夢奈菩薩

本来ならウォークインが途中で中断される場合は、記憶の引継を行うため、社長自身は記憶の分断は発生しない。

奈秘菩薩奈秘菩薩

しかしあるときを境にして記憶の引継ができないままウォークイン解除となってしまった。

夢奈菩薩夢奈菩薩

そのため、社長は社長の周囲とのやりとりに対応できなくなってしまい、メンタル的にダウンしてしまった。

奈秘菩薩奈秘菩薩

社長の菩薩預かりのサポートを通して、妙法菩薩が社長の中に天成如来の痕跡があるかどうかを調べることを発端にして、封印、人形身代わりによる救済の現在に至ったことを天性菩薩に話した。

夢奈菩薩夢奈菩薩

その話を聞いた天性菩薩は自分も似たような状況だったことを打ち明けた。

奈秘菩薩奈秘菩薩

天性菩薩の場合、ホーム時空に送還後、この時空に再度来て、天界に忍び込み、社長サポートの現場に接触しようとした。

夢奈菩薩夢奈菩薩

しかし天界に見つかり、封印されるところを妙峰如来により身代わり人形で救出されたのだった。

奈秘菩薩奈秘菩薩

天性菩薩と妙法菩薩は、よしひろの体の奪還方法について考えた。

夢奈菩薩夢奈菩薩

結界が強すぎるため、病院への突入はそのままでは不可能だった。

奈秘菩薩奈秘菩薩

そのため結界を破る必要があるが、そのためには結界を構成している結界粒子の回転を食い止めることが必要だった。

夢奈菩薩夢奈菩薩

結界粒子の回転を食い止めるためには、結界粒子の回転する数値データを手に入れる必要があった。

天性菩薩天性菩薩

どうすれば結界粒子を手に入れることができるかだ。

妙法菩薩妙法菩薩

ウォークインが手がかりとなるかもしれません。

天性菩薩天性菩薩

ウォークイン?

妙法菩薩妙法菩薩

ウォークインされた2人、つまり社長と院長が手がかりとなるやもしれません。

天性菩薩天性菩薩

社長と院長?

妙法菩薩妙法菩薩

結界粒子の回転データは、当然ですが病院内にあります。

妙法菩薩妙法菩薩

その病院内の最高機密を知ることができるのは、もちろん院長でしょう。

天性菩薩天性菩薩

まあ、そうなるだろう。

妙法菩薩妙法菩薩

2つのケースが考えられますが、どちらをとっても手がかりが掴めるのではないかと思います。

妙法菩薩妙法菩薩

1つは院長には妙峰如来様がウォークインされていました。ですので、妙峰如来様がその手がかりを掴んでいるのではと・・・。

天性菩薩天性菩薩

それは考えにくいな。

妙法菩薩妙法菩薩

どうしてですか?

天性菩薩天性菩薩

お前自身も妙峰如来様に何度も止められながらもこうして救出に向かっていったことを、この私に先ほど言ったではないか。

妙法菩薩妙法菩薩

・・・

天性菩薩天性菩薩

まあ、妙峰如来様が御自らよしひろやみさと救出を願っていたのであれば、それは期待できるが・・・。

天性菩薩天性菩薩

そうでない場合は妙峰如来様が手がかりを掴んでいるはずとは思わないほうがいい。

妙法菩薩妙法菩薩

希望的観測ってことですね。

天性菩薩天性菩薩

そうだ。それでもう1つのケースとはどのようなことだ?

妙法菩薩妙法菩薩

院長は社長と頻繁にやりとりをしていたそうです。ですので、もしかして院長がウォークイン解除される前に社長にデータを送信して共有したのではないかと・・・。

天性菩薩天性菩薩

それも先程と同じことだ。

天性菩薩天性菩薩

よく考えてみろ。その時の院長は妙峰如来様によるウォークイン状態だ。

天性菩薩天性菩薩

その妙峰如来様が救出を考えていなかった以上、社長にデータを送信するような行動をとることは考えにくい。

妙法菩薩妙法菩薩

万事休すか・・・。

妙峰如来妙峰如来

何度も言ったように、よしひろとみさと救出は得策ではない!

妙法菩薩妙法菩薩

妙峰如来様!

妙峰如来妙峰如来

実はわしも院長の体を使って、ありとあらゆるデータの解析を試みたのだ。

妙峰如来妙峰如来

もちろん、よしひろの会社の社長へもデータ送信をやろうとした。

天性菩薩天性菩薩

送信されようとした・・・ということはできなかったということですか?

妙峰如来妙峰如来

そうだ。どうもあの病院のシステムは、院内で完結していないようだ。

妙法菩薩妙法菩薩

すると外部のシステムと連携している感じですか?

妙峰如来妙峰如来

そのようだ。むしろ外部システムの方が院内システムより上位にある気がする。

天性菩薩天性菩薩

そうしますと外部の方で許可されていなければ、院内でアドミニストレータ権限で処理しようにもどうにもならないということですね。

妙峰如来妙峰如来

そのようだ。仮に送信ができたとしても、外部システムが上位の場合には、よしひろの会社でも同じことになるだろう。

妙法菩薩妙法菩薩

社長がアドミニストレータ権限でも、アクセスできない可能性が高いということですね。

妙法菩薩妙法菩薩

今の状況だと結界粒子の回転データの入手はほぼ絶望的ということですね。

天性菩薩天性菩薩

他のアプローチを考えねばならんな。

妙峰如来妙峰如来

考えられる方法がないことはない。だがそれをやるとなると、とんでもない副作用を生むことになる。

妙峰如来妙峰如来

例えば、病院自体を別の粒子で回転の渦に巻き込むことだ。

妙峰如来妙峰如来

そうすることで、病院の周りに張り巡らされている結界粒子の渦はほとんど剥がれる。

妙峰如来妙峰如来

当然、結界がないのと同じことになる。だがそれをやるとなると・・・、

天性菩薩天性菩薩

それをするとどうなるのですか?

妙峰如来妙峰如来

結界粒子自身は常時行者集団が自分の体内にある物質を特殊な手段で補給することで維持されているのだ。それが剥がれるということはどういうことになるのか。

妙法菩薩妙法菩薩

行者集団を本気で敵に回すということですか?

天性菩薩天性菩薩

行者集団の恐ろしさは以前、同僚の菩薩から聞いたことがある。

妙法菩薩妙法菩薩

それはどのようなことですか?

天性菩薩天性菩薩

行者集団は、メンツ維持のためにはこの時空の天界など、時空維持機関が崩壊しても構わないほど戦闘体制に入るということだ。

妙法菩薩妙法菩薩

・・・

妙峰如来妙峰如来

これで理解できたか、妙法菩薩。

妙峰如来妙峰如来

ただやみくもに救出すればよいというものではないのだ。

天性菩薩天性菩薩

いち人間を救出しようとすることが、かえって全体の秩序を崩してしまう事態を引き起こすこともありえるということですね。

天性菩薩天性菩薩

妙法菩薩、そういうことだ。

妙峰如来妙峰如来

これで救出は諦めるか?

妙法菩薩妙法菩薩

・・・

天性菩薩天性菩薩

どうした? 妙法菩薩、妙峰如来様もいろいろと考えていただいた結果なんだぞ。

妙法菩薩妙法菩薩

・・・

天性菩薩天性菩薩

妙法菩薩!

次回へ続く