尾張名古屋の永遠の23才です。
今回は菩薩物語2の第27回をお送りします。

菩薩物語とはこの世の人間に対して、天界にいる菩薩が人間をサポートするという設定で、妙法菩薩という架空の存在が主人公です。

傍理菩薩の空想の中で展開します。

菩薩物語の進行、解説役は語り七菩薩(かたりななぼさつ)によって行います。
語り七菩薩の自己紹介はこちら
菩薩物語 第1回

夢奈菩薩夢奈菩薩

前回では、天性菩薩と妙法菩薩で病院の結界粒子のデータを手に入れる手立てを考えていた。

奈秘菩薩奈秘菩薩

結界粒子のデータを手に入れることで、病院の結界を破ることが可能となり、病院内に隔離されているであろう、よしひろの体を奪還できるからである。

夢奈菩薩夢奈菩薩

妙法菩薩は手がかりの1つとしてウォークインを取り上げた。

奈秘菩薩奈秘菩薩

院長が妙峰如来によるウォークインであり、最高機密であろう結界粒子のデータを院長権限でみることができるはずだと考えたからである。

夢奈菩薩夢奈菩薩

それゆえ妙峰如来がデータ入手の手がかりを掴んでいるのでは?と妙法菩薩は考えた。

天性菩薩天性菩薩

それは考えにくいな。

妙法菩薩妙法菩薩

どうしてですか?

天性菩薩天性菩薩

お前自身も妙峰如来様に何度も止められながらもこうして救出に向かっていったことを、この私に先ほど言ったではないか。

天性菩薩天性菩薩

妙峰如来様が自らよしひろやみさと救出を考えているのであれば、手かがりを掴んでいるといえるが、そうではなかっただろう?

妙法菩薩妙法菩薩

それなら院長がウォークイン解除される前に社長にデータを送信して共有していたのでは?

天性菩薩天性菩薩

それもあり得ない。ウォークインしている存在が、よしひろやみさと救出を考えていない以上、同じことだ。

奈秘菩薩奈秘菩薩

そこへ妙峰如来が現れて、本当はデータ解析の手立てを尽くしていたことを打ち明けた。

夢奈菩薩夢奈菩薩

しかし結局手がかりはつかめず、むしろ病院のシステムがそれ自体で完結しておらず、上位の外部システムで管轄されていることが判明したからだった。

妙峰如来妙峰如来

他に手立てはないことはないが、それをやればとんでもない副作用を生むことになる。

奈秘菩薩奈秘菩薩

妙峰如来は無理な救出行為は行者集団を本気で敵に回すことだと説いた。

妙峰如来妙峰如来

ただやみくもに救出すればよいというものではないのだ。

天性菩薩天性菩薩

いち人間を救出しようとすることが、かえって全体の秩序を崩してしまう事態を引き起こすこともありえるということですね。

天性菩薩天性菩薩

妙法菩薩、そういうことだ。

妙峰如来妙峰如来

これで救出は諦めるか?

妙法菩薩妙法菩薩

・・・

天性菩薩天性菩薩

どうした? 妙法菩薩、妙峰如来様もいろいろと考えていただいた結果なんだぞ。

妙法菩薩妙法菩薩

・・・

天性菩薩天性菩薩

妙法菩薩!

妙法菩薩妙法菩薩

・・・

秘富菩薩秘富菩薩

妙法菩薩はその場を立ち去ろうとした。

妙峰如来妙峰如来

待て、妙法菩薩!忘れてはならんことがあるぞ。

妙法菩薩妙法菩薩

何でしょうか?

妙峰如来妙峰如来

そちは天界では封印中の身。そのまま出歩くと危険なことになりかねん。

妙峰如来妙峰如来

そこで、天界の秩序外の組織の一員として姿を変えることができる印を用意しておいた。

富美菩薩富美菩薩

妙峰如来は印の組み方を妙法菩薩に授けた。

妙峰如来妙峰如来

自分の姿を見られそうな状況になった場合にはこの印を組めば良い。

天性菩薩天性菩薩

しかしそれだけでは自分が気づかないまま、見られてしまうこともあるのでは・・・。

妙峰如来妙峰如来

案ずるな。そのために鳥を用意してある。よいな妙法菩薩。

美誉菩薩美誉菩薩

妙法菩薩は静かにうなずくとそのまま立ち去っていった。

天性菩薩天性菩薩

自分の姿が見られる前に鳥が妙法菩薩の前を舞うので、そのときに印を組むということですね。

妙峰如来妙峰如来

そのとおりだ。

天性菩薩天性菩薩

印を組むと秩序外の組織の一員として見せることができるということですが・・・。

妙峰如来妙峰如来

妙法菩薩は表向きはみさとの体の中に封印されたことになっておる。まあそなたも同じことであるがな。

妙峰如来妙峰如来

従って妙法菩薩が出歩くときに、他の姿に見せる必要があるのだ。

妙峰如来妙峰如来

手っ取り早い話が、秩序外、つまり天界からは、うかがい知ることのできない架空の組織員に仕立て上げればよいのだ。

天性菩薩天性菩薩

・・・

妙峰如来妙峰如来

妙法菩薩がよしひろの会社のサポートに従事し始めたときに出くわした数々の秩序外の存在が、うごめいておったことはそなたも知っておろう。これらを天界は全て把握はできていない。

天性菩薩天性菩薩

そこを利用されたわけですね。

妙峰如来妙峰如来

そうだ。

妙峰如来妙峰如来

それにもし妙法菩薩のそのままの姿が見られたら、封印されていることにカラクリがあるとしてみさとの体内に徹底的に調査が入るはずだ。

天性菩薩天性菩薩

そうなると身代わり人形が徹底的に調べられるということですね。

天性菩薩天性菩薩

場合によっては私の身代わり人形も調査の対象になりかねないと・・・。

妙峰如来妙峰如来

それだけではないぞ。

妙峰如来妙峰如来

天成如来殿にも影響が出かねない。

天性菩薩天性菩薩

それはどういうことですか?

妙峰如来妙峰如来

はっきり言おう。天成如来殿は封印されている。

天性菩薩天性菩薩

・・・

妙峰如来妙峰如来

そなたが驚くのも無理はない。そなたは天成如来殿によってこの時空へ来れたわけだからな。

天性菩薩天性菩薩

・・・

妙峰如来妙峰如来

それに如来は本来時空を超越しておる。封印しようがない。

妙峰如来妙峰如来

だがそれは法体のことなのだ。

夢奈菩薩夢奈菩薩

法体とは「ほったい」と読み、如来が時空間を超越した高次元で活動する際にまとう体のことである。

妙峰如来妙峰如来

よしひろやみさとなど、人間を直接救済するとなると、いくら菩薩と連携しようが、法体のままでは動けないのだ。

妙峰如来妙峰如来

そのため、如体をまとうことになる。

奈秘菩薩奈秘菩薩

如体とは「にょたい」と読み、如来が幽界、霊界で菩薩と連携して活動する際にまとう体のことである。

妙峰如来妙峰如来

この如体はある程度の法力があれば封印することができるのだ。

天性菩薩天性菩薩

そうしますと、天成如来様の如体がみさとの体の中に封印されているということですか?

妙峰如来妙峰如来

そうだ。いや、今は「そうだ」と返答しておこう。

天性菩薩天性菩薩

・・・

妙峰如来妙峰如来

それゆえ妙法菩薩の姿は何としても隠さねばならんのだ。

次回へ続く