尾張名古屋の永遠の23才です。

今日は傍理菩薩と尾張青年をお送りします。

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才です。
今日は何の話ですか?

傍理菩薩傍理菩薩

未来の話はどうじゃ?

尾張青年尾張青年

どんな話ですか?

傍理菩薩傍理菩薩

未来は鉄道と車の区別がなくなってしまうということじゃ。

尾張青年尾張青年

イマイチわかんないですけど。

傍理菩薩傍理菩薩

例えばA地点からB地点まで移動したとする。

妙峰如来妙峰如来

A地点から~ ♪ B地点まで~ ♪ 行くあ~いだに~ ♪

傍理菩薩傍理菩薩

ここで歌わないでください!!

妙峰如来妙峰如来

ぺんぴきぺん。

傍理菩薩傍理菩薩

A地点からB地点までの移動では今までは鉄道と車で分かれていた。

傍理菩薩傍理菩薩

鉄道での移動は線路の上に列車が走り、車での移動は道路の上に車が走るといった形じゃった。

尾張青年尾張青年

今は鉄道と車の移動は全く別物ですもんね。

傍理菩薩傍理菩薩

それが未来においては人間が移動する上での単位はシートということになるんじゃよ。

尾張青年尾張青年

シート?よくわかりませんけど。

傍理菩薩傍理菩薩

それでは順に説明していこうかの。

傍理菩薩傍理菩薩

ある人が自宅であるA地点から500km離れた友人宅であるB地点まで移動するとする。

尾張青年尾張青年

はい。

傍理菩薩傍理菩薩

その人は自宅に移動用のシートが安置されており、そのシートに腰掛けた。

傍理菩薩傍理菩薩

もちろんシートには大型荷物を収納できるだけのキャパはある。

傍理菩薩傍理菩薩

その人はタブレットから移動サービスサイトにてブースを予約した。

尾張青年尾張青年

ブース?なんですかそれ?

傍理菩薩傍理菩薩

人間が腰掛けたままシート毎、収納するものじゃよ。ブースそのものは自動運転で依頼者の自宅前までやってくる。

尾張青年尾張青年

ブースの中にシートが入ってそのシートに人間が腰掛けている、つまりその時点では今の車のようになっているということですね。

傍理菩薩傍理菩薩

そうじゃ。ブースが自宅前までやってくると、依頼者に連絡が入り、その時点で依頼者はシートに腰掛けたままで自宅を出て、ブースの中にシートごと入る。

尾張青年尾張青年

シートにキャスターか、あるいはタイヤか何かがついていてシートが自走するんですか?

傍理菩薩傍理菩薩

まあそんな感じじゃな。もしかしたらタイヤに代わるなにかすごいものかもしれんがの。

尾張青年尾張青年

家の施錠はどうするんですか?

傍理菩薩傍理菩薩

それは依頼者が外からリモートでやるもよし、あるいはAIでコントロールされているかもしれんが、オートロックじゃよ。

尾張青年尾張青年

んで、ブースにシート毎収納されたらどうするんですか?

傍理菩薩傍理菩薩

そのブースが道路を自走するんじゃ。あるいは道路に代わる専用モノレールというものが作られておるかもしれん。

傍理菩薩傍理菩薩

とにかく特定のところまでブースが自動走行するんじゃよ。

尾張青年尾張青年

その特定のところってなんですか?

傍理菩薩傍理菩薩

いわば今までの鉄道の駅に代わるところじゃ。特定のところにたどり着いたら、今度は列車状の大型ブースの前にブースが移動する。

傍理菩薩傍理菩薩

もちろん他にもいろいろなブースがやってくるので、各ブースはそれぞれ指定された場所まで移動する。

尾張青年尾張青年

列車状の大型ブースの前に自宅から自動運転で移動してきたブースが並ぶわけですね。

傍理菩薩傍理菩薩

そうじゃ。そして各ブースから人がシート毎出てきて、大型ブースの中に入っていくんじゃ。もちろん自動でな。

尾張青年尾張青年

大型ブースの中にシートが並んだ状態で入るんですね。つまり列車の中と同じ状態になるということですね。

傍理菩薩傍理菩薩

そうなんじゃよ。そしてその大型ブースは時速500キロ超で移動してB地点に到達する。

尾張青年尾張青年

到着したら、迎えのブースが待っているので、その中へ人は腰掛けたままシート毎入っていくということですね。

傍理菩薩傍理菩薩

そうじゃ、そしてその迎えのブースが友人宅まで自動運転して、友人宅前でブースからシート毎人が移動して友人宅へ入っていくということなんじゃよ。

尾張青年尾張青年

つまり人間はただ単に腰掛けているだけで目的地まで移動できてしまうということなんですね。

傍理菩薩傍理菩薩

そうじゃ。もちろんブース走行中のトイレ対応や、大型ブース移動中の休憩は可能になっておるのじゃ。

尾張青年尾張青年

究極の移動手段の最小単位がシートになるってことですね。

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才でした。