本日も天成如来の館お送りします。

天性菩薩天性菩薩

今日は定められた運命があった場合の仮説に基づいて話を進めてみよう。

妙法菩薩妙法菩薩

私のサポートしている人間もほぼ全員が「人は運命から逃れられない」などの考えに染まっていますね。

天性菩薩天性菩薩

非常に勿体無いことだ。もし決まり切った運命があったとしよう。

天性菩薩天性菩薩

その時点で人間は人間でなくなってしまうのだ。

妙法菩薩妙法菩薩

決められた運命の中で暮らす人間は人間でなくなってしまうということですね。

天性菩薩天性菩薩

そうだ。なぜだかわかるか?

妙法菩薩妙法菩薩

運命が決まっていると、成功する人は成功する、失敗する人は失敗するから人間が努力というものを忘れるからですか?

天性菩薩天性菩薩

では言い変えよう。運命というのは、プラスの部分だけ決まっているとする。

妙法菩薩妙法菩薩

プラスの部分だけ決まっているというのは?

天性菩薩天性菩薩

人間が努力を怠れば、その分失敗はする。しかし努力をしても報われる結果は定められた通りであるのだ。

妙法菩薩妙法菩薩

ある意味束縛されたままですね。

天性菩薩天性菩薩

今の言い方では、報われる方は限界があるように感じ取られるようだ。それならばもっと言い方を変えてみよう。

天性菩薩天性菩薩

運命は次のように定められている。努力しなければ問答無用で没落、努力した場合、その度合によって定められた内容で成功する。

天性菩薩天性菩薩

大いに努力した場合には、成功の度合いも本来勝ち得る成果の何倍ものレベルで勝ち得ることができる。

天性菩薩天性菩薩

これならどうだ。努力してもあまり報われないようには感じられないだろう。

妙法菩薩妙法菩薩

まあそうですが・・・、ですが、それなら努力すれば予想はつかないけれど必ず結果が出るということで、かえってやる気が出るんじゃないでしょうか?

妙法菩薩妙法菩薩

むしろより人間的になれるような気もしますが・・・。

天性菩薩天性菩薩

ではさらに言い方を変えよう。努力することが習性となっている人間がおった。

天性菩薩天性菩薩

その人間はどのような分野でも真剣にしかも効率よく努力し、それぞれの分野で大成していった。

天性菩薩天性菩薩

その人間が大成した結果は、実は定められた運命だったとする。これならどうだ。

妙法菩薩妙法菩薩

さっきよりはしっくりきますね。ようは成功した結果が実は定められていた運命だったといった場合に、その人は人間でなくなってしまうということですね。

天性菩薩天性菩薩

そうだ。それで何故だかわかったか?

妙法菩薩妙法菩薩

そうですね・・・、ん・・・、わかりかねます。

天性菩薩天性菩薩

実はもし逃れられない運命というものがあったとすれば、それはすなわち、その人間の行く末を全てコントロールできる存在の配下にあるということだ。

天性菩薩天性菩薩

そしてその運命とは、研究に研究を重ねた結果、先回りして人間をコントロール可能にした存在によって、

天性菩薩天性菩薩

その人間が辿り着かされる最終地点ということなのだ。

妙法菩薩妙法菩薩

ということは、人間を完全にコントロールする存在がいれば逃れられない運命も存在するけれども、そのような存在はないため、運命も存在しないということですか。

天性菩薩天性菩薩

乱暴な言い方をすればそうだ。

妙法菩薩妙法菩薩

しかし科学の進歩で人間を完全にコントロールできる存在がいないということを何故はっきり断言できるのですか?

天性菩薩天性菩薩

それは・・・、

天成如来天成如来

本来人間には一つの時空に一つの意識体のみ存在可能という宇宙法則がある。この一つの時空とは、人間の顕在意識の知覚を通した時空ということだ。

天性菩薩天性菩薩

天成如来様!

妙法菩薩妙法菩薩

天成如来様!

天成如来天成如来

仮にその人間が完全なるコントロールの契約に同意したとしても、これは未成年が契約行為ができないのと同様、

天成如来天成如来

人間の意識レベルでは一つの時空にニつの意識体の存在につながる契約は許されないのだ。

天成如来天成如来

しかしコントロール側の意思が強ければ、最終的にはコントロール側が一つの時空に残ることになるのだ。

妙法菩薩妙法菩薩

そうしますと、人間の意識はその時空に存在できなくなるということですか?

天成如来天成如来

そうだ。

天性菩薩天性菩薩

ということは肉体はその人間ですが、意識体が入れ替わってしまうということですか?

天成如来天成如来

いや肉体が存在する以上、必ずその人間の顕在意識は残るのだ。宇宙法則でそう設計されておる。

妙法菩薩妙法菩薩

それではコントロール側に完全に時空を奪われた場合というのは肉体を失うということですか?

天性菩薩天性菩薩

そういうことになるな。

妙法菩薩妙法菩薩

もし自分が肉体を失いたくないと切望した場合でもですか?

天成如来天成如来

肉体を失いたくないと切望したときには、どんなにコントロール側が強い存在であれども、宇宙空間からブロックされる。

天成如来天成如来

だが、コントロール側が強い状態で肉体を失いたくないと切望するのは、非常に困難だ。

天性菩薩天性菩薩

肉体を失いたくないと切望する気力がある時点で一時空内を完全に自分自身の意識体で動いているということですね。

妙法菩薩妙法菩薩

では肉体を失ったら、コントロールする側も時空を失ってしまうのでは・・・、

天成如来天成如来

人間の意識では知覚できなくなる存在となるだけで、その人間が肉体を持っていたときに所有していた時空には居続ける状態だ。

天性菩薩天性菩薩

いわば人間からでは知覚できなくなるため、「霊」という用語を使って表現しているような存在でいるということですか?

天成如来天成如来

どのような用語であろうと、人間には不可視で、肉体を失う前のその人の時空に君臨しておるのだ。

天成如来天成如来

しかもその人の時空での記憶は継続して持っており、その人が肉体を失った後も、継続した人生の記憶を持って存在しておるのだ。

天成如来天成如来

それゆえ肉体を失った人の遺族に対する思い出も、肉体を失った人が持ち合わせていた記憶と合わせて、今現在に至るまで持ち合わせているため、

天成如来天成如来

その遺族が、その不可視の存在と何らかの形でコンタクトできれば、その遺族と肉体を失った人しか知らない話も、今現在の遺族の行動も全て聞くことができるのだ。

天性菩薩天性菩薩

それは大変なことになりますね。天成如来様、どうもありがとうございました。

妙法菩薩妙法菩薩

すみません、一体どういうことでしょうか?

天性菩薩天性菩薩

それは次回に私から例を踏まえて説明しよう。
天成如来の館でした。