尾張名古屋の永遠の23才です。

今日も傍理菩薩と尾張青年をお送りします。

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才です。
昨日の続きですよね。

傍理菩薩傍理菩薩

昨日?何の話をしたかのう?

尾張青年尾張青年

ですから、80代の父親のために50代の息子が介護離職した話で、

尾張青年尾張青年

相談を受けた知人が父親にカウンセリングを受けてもらったところ、意外なことがわかり、

傍理菩薩傍理菩薩

80代の父親は、過去の自分によって脅迫をうけておったというわけじゃな。

尾張青年尾張青年

よくおぼえているじゃないですか。

尾張青年尾張青年

それで過去に自分自身の学歴に対して悔しい思いを残しており、その無念の思いを晴らすのを息子に託した。

傍理菩薩傍理菩薩

父親としては息子には旧帝国大学に行って欲しかったわけじゃな。

尾張青年尾張青年

そうですね。そして息子は早大政経へ現役合格した。

尾張青年尾張青年

しかしね、その父親は激怒してしまった。

傍理菩薩傍理菩薩

今日はその話の続きということじゃな。

尾張青年尾張青年

そもそもその父親は昭和の共通一次導入後の大学受験について全く知らなかったんです。

尾張青年尾張青年

息子が早大政経へ行っていたときには、「東合早落」という言葉が出来上がったころで・・・、

妙峰如来妙峰如来

東合早落ってなんなの?

夢奈菩薩夢奈菩薩

東大に受かって早稲田に落ちるってことよ。昭和バブル発生の数年前あたりから早稲田慶応の受験偏差値がぐいぐい上がってきたのよ。

尾張青年尾張青年

しかし父親はそのことを全く知らず、ただ稲と田んぼの名前がつく、大隈重信が作った私立大学くらいにしかみていなかった。

尾張青年尾張青年

息子は早大政経受験を隠しており、あとでサプライズに持っていこうとしたが、全く逆の結果になってしまった。

傍理菩薩傍理菩薩

よく聞いた話じゃな。80年代突入のころじゃな。

尾張青年尾張青年

父親からしてみれば旧帝国大学である名大に行ってほしかった。

妙峰如来妙峰如来

名大って?

夢奈菩薩夢奈菩薩

名古屋大学のことよ。ちなみに東京で「めいだい」というと明大、すなわち明治大学ね。

尾張青年尾張青年

大学自体を比較するのは無意味だけど受験レベルに限って言えば、名大 < 早慶だった。

傍理菩薩傍理菩薩

スーパーカーの最高速度に限って比較すれば、名大=ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニで、

傍理菩薩傍理菩薩

早慶はブガッティヴェイロン、ケーニグセグじゃな。

尾張青年尾張青年

その例えはよくわからないですけど・・・。

尾張青年尾張青年

それで父親はとりわけ息子に名大経済へ行ってほしかったそうです。そして東海銀行へ入ってほしかったそうで・・・。

妙峰如来妙峰如来

東海銀行って?

夢奈菩薩夢奈菩薩

今の三菱UFJ銀行の前身の三菱東京UFJのさらにその前身UFJ銀行の合併前の銀行よ。

妙峰如来妙峰如来

UFJ銀行って?

夢奈菩薩夢奈菩薩

UFJ銀行自体は東海銀行と三和銀行が合併したのよ。東海銀行は名古屋を本拠地にして本店が名古屋にあって名大が学閥だったのよ。

尾張青年尾張青年

しかし息子は最初から共通一次を諦めていた。むしろ国語、英語、日本史で勝負に持って行ったそうです。

傍理菩薩傍理菩薩

ほう・・・。

尾張青年尾張青年

そして、息子の近所の同級生が名大経済へ現役合格してしまった。

尾張青年尾張青年

ねたみにかられた父親は、その同級生の母親に・・・、そこで再現ドラマです。

妙峰如来妙峰如来

父親「息子さん、素晴らしいところへ行かれましたね。」

夢奈菩薩夢奈菩薩

同級生の母親「いえ、それほどでも・・・。」

妙峰如来妙峰如来

父親「名大経済ではないですか、おめでとうございます。」

夢奈菩薩夢奈菩薩

同級生の母親「いえオタクの息子さんの方こそ・・・」

妙峰如来妙峰如来

父親「うちの愚息は私学ですよ。早稲田とかいうところのせーけーとかわけのわからんところへ入ってしまって、」

夢奈菩薩夢奈菩薩

同級生の母親「そ、それはおめでとうございます・・・。」

妙峰如来妙峰如来

父親「オタクの息子さんが羨ましい、なんせ名大経済だから・・・」

夢奈菩薩夢奈菩薩

同級生の母親「・・・」

妙峰如来妙峰如来

父親「いいですよね、オタクは名大、うちは早稲田、ホントオタクの息子さんは親孝行ですよね。」

夢奈菩薩夢奈菩薩

同級生の母親「す、すみませんが、それはイヤミですか?」

妙峰如来妙峰如来

父親「イヤミ? とんでもない、オタクは名古屋大学じゃないですか、それに引きかえうちは早稲田のせーけー・・」

夢奈菩薩夢奈菩薩

同級生の母親「もういいです!こちらは用がありますので!!」

妙峰如来妙峰如来

父親「???」

尾張青年尾張青年

ってな感じで近所では浮いてしまいましたけどね。だけどその父親はかえって、近所の反応は自分の息子への差別の結果と曲解していた。

傍理菩薩傍理菩薩

つまりは、父親にとっては息子は父親の無念を晴らしてくれなかったというわけじゃな?

尾張青年尾張青年

そうみたいですね。しばらくして周囲が息子は高学歴だと父親に話したらしいけど、そんなつまらない慰めは無用ってことで、全く信じなかった。

尾張青年尾張青年

息子は早大卒業後に超一流証券会社の経済研究所へ入った。

妙法菩薩妙法菩薩

それはすごいじゃないですかぁ!お父さん鼻が高くなったでしょうね。

尾張青年尾張青年

それがその逆で、「わしは銀行へ行ってほしかったのに、博打業の業界へ行くとは!」ってまたまた激怒。

妙法菩薩妙法菩薩

なんでそうくるの・・・?

傍理菩薩傍理菩薩

確かに証券会社は、明治大正生まれの人からすれば、さあはった!はった!の世界だとの偏見があったからのう。

傍理菩薩傍理菩薩

じゃが昭和生まれでヒトケタとはいえ、そんな考えとは少し珍しいのう。

尾張青年尾張青年

そのうち、その息子は転職を繰り返した。外資系を転職してキャリアップしてたんですね。

傍理菩薩傍理菩薩

しかしその父親にしてみれば安定した企業に終身雇用されるというのがあるべき姿というわけじゃな。

尾張青年尾張青年

そして少し前に息子がドバイで働くようになってからは、父親は精神がおかしくなったそうです。

妙法菩薩妙法菩薩

それはどうして?

尾張青年尾張青年

アラブ首長国連邦の都市ということだけで、砂漠の真ん中にテントはって何かの商売を始めたと思っていたそうです。

傍理菩薩傍理菩薩

そこまでくるとは・・・、何もかも偏見ばかりで事実を自分で調べようとしないお方なんじゃのう!

尾張青年尾張青年

息子はドバイ、アブダビ、マレーシア、上海などを転々としてM&Aをてがけたそうですよ。

尾張青年尾張青年

その実績がかわれて、直近で東証一部上場の役員に破格の待遇で迎え入れられていたところで・・・、

傍理菩薩傍理菩薩

父親の問題が噴出したということじゃな。

尾張青年尾張青年

そうなんですよ。長くなるのでまた続きは次回ということで。

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才でした。