尾張名古屋の永遠の23才です。

今日も傍理菩薩と尾張青年をお送りします。

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才です。
さて昨日の続きで・・・、

傍理菩薩傍理菩薩

昨日?何の話の続きかのう?

尾張青年尾張青年

もうわかってますよ、そうやって僕に最初から要点を話してわかりやすくしろってことでしょ?

傍理菩薩傍理菩薩

そうとれるのか?

尾張青年尾張青年

まっいいや。えっと、80代の父親のために50代の息子が介護離職した話で、父親が息子の問題で困り果てているといったことが、

尾張青年尾張青年

実は父親の方に問題があったことがわかり、カウンセリングの結果、父親の過去の悔しい思いが父親自身を脅迫していたことがわかった。

尾張青年尾張青年

その悔しい思いというのが、旧制中学に行けなかったという思いであり、それは息子の高学歴や卒業後の社会の成功では埋めることができなかったといったことですね。

傍理菩薩傍理菩薩

海外でのM&Aの実績をかわれて、東証一部上場の役員に破格の待遇で迎え入れたところで父親の問題が噴出というわけじゃな。

尾張青年尾張青年

息子が久々の帰国に父親に会いに行った。しかしその間にも仕事は流れているので仕事をこなしながらの帰省だった。

尾張青年尾張青年

父親に久々に会ったとたん、父親からは・・・、

妙峰如来妙峰如来

父親「お前、何親子ほど年の違う若い女の子を連れてほっつき歩いとるんだ!」

妙峰如来妙峰如来

息子「いや、これは俺の秘書で・・・、」

夢奈菩薩夢奈菩薩

秘書「秘書でございます。いつもお世話になっておりま・・・」

妙峰如来妙峰如来

父親「あんた、どこの誰かはしらんが、みえすいたウソは聞きたくない!」

妙峰如来妙峰如来

息子「だから俺の秘書だって!今でも仕事中なんだよ。俺の代わりにメールチェックしてもらってるんだ。」

妙峰如来妙峰如来

父親「そんな横文字言葉を並べてわしをたぶらかそうとしても、わしゃあだまされんぞ!早くまっとうな仕事をしてこい!」

妙峰如来妙峰如来

息子「だからしてるって!今も仕事中で・・・」

妙峰如来妙峰如来

父親「じゃあ、何の仕事をしとるんだ!ここではっきり言ってみろ!」

妙峰如来妙峰如来

息子「M&Aを経営戦略の基盤としたアナリストとして・・・」

妙峰如来妙峰如来

父親「ぐちゃぐちゃわけのわからん言葉を並べ立てるんじゃない!えめあんえーだの、あならすとだの、つまらんことをいう暇があったら、行員目指して顔洗って出直してこい!!」

尾張青年尾張青年

こうやりとりがあってしばらくでしたかね。父親に異変が起きたのは。

傍理菩薩傍理菩薩

なるほどのう。それで息子の介護離職で今に至るわけじゃな。

傍理菩薩傍理菩薩

じゃがもし息子が名大経済へ入ってそこから東海銀行にいったとて、父親の心がみたされるわけではないんじゃよ。

尾張青年尾張青年

え?どういうこと?

傍理菩薩傍理菩薩

おそらく今と同じ状況になっていたろうな。

傍理菩薩傍理菩薩

なぜなら人は、理由があってそれが元で感情が発生する動物ではないからじゃ。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

人は感情が先にあって、後からその理由付けが生まれる。よってその理由を埋めるようなことを頑張ろうとしても感情が収まることはけっしてないのじゃ。

尾張青年尾張青年

では父親自身がタイムトリップして旧制中学に進むことができたとしても・・・、

傍理菩薩傍理菩薩

おそらく悔しい感情はとれないじゃろう。別の後付理由の出現とともにな。

尾張青年尾張青年

じゃあ一体どうすればいいの?

傍理菩薩傍理菩薩

実はの、感情の原因とされている理由そのものを解決しようとしてもはじまらんのじゃよ。

傍理菩薩傍理菩薩

感情そのものを調整してやらねばならんのじゃ。

尾張青年尾張青年

そんなことができるの?

傍理菩薩傍理菩薩

できるんじゃよ。話は長くなったので、次回にいたそう。

尾張青年尾張青年

今度は続きを傍理菩薩さまが話されるんですね。

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才でした。