尾張名古屋の永遠の23才です。

先回に引き続き尾張青年と傍理菩薩との会話をご覧下さい。

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才です。
・・・

傍理菩薩傍理菩薩

・・・

尾張青年尾張青年

今日は何を話しましょうかねぇ。

傍理菩薩傍理菩薩

せっかくじゃ、頭の体操をやってみんか。

尾張青年尾張青年

え?

傍理菩薩傍理菩薩

わしがクイズを出す。そなたがそれを答える。

尾張青年尾張青年

また例の「ハタリの教え」なんかじゃないですよね。
好きなものはなんじゃ、スキーとかねえ。

傍理菩薩傍理菩薩

頭の体操になるクイズじゃ。

尾張青年尾張青年

よくわからないけど、ま、どうぞ。

傍理菩薩傍理菩薩

ある女性がおった。パートタイムの仕事をしておった。

尾張青年尾張青年

はい。

傍理菩薩傍理菩薩

彼女には息子がおり同居しておる。

尾張青年尾張青年

はい。

傍理菩薩傍理菩薩

その息子の運転で毎朝、勤務先まで行き、帰りも息子の運転で勤務先から自宅へ帰る毎日であった。

尾張青年尾張青年

はい。

傍理菩薩傍理菩薩

パートの休みの日は息子の運転で外出をすることもあった。

尾張青年尾張青年

はい。

傍理菩薩傍理菩薩

ある日、息子が朝から寝ておった。この日も彼女は出勤しなければならなかったが、息子は運転することはなかった。

尾張青年尾張青年

なんか、わけありですね。

傍理菩薩傍理菩薩

彼女が勤務先から帰ってきた。そのとき息子はまだ布団の中におった。

尾張青年尾張青年

いつもは母親を送り迎えするのにその日は一日中寝ていたんですね。

傍理菩薩傍理菩薩

そこへ就職案内の業者から電話があり、電話口に出た母親はうちは必要ないと断っておった。

尾張青年尾張青年

何で断ったんですかね。

傍理菩薩傍理菩薩

彼女は寝ている息子を見つめ、心配しておった。

尾張青年尾張青年

親に心配をかける息子も息子だ、はやく自立しないと。

傍理菩薩傍理菩薩

彼女はしばらくして家を出てどこかに出かけた。

尾張青年尾張青年

どこへ行ったんでしょうかね。一人で飲みに出かけたとか?

傍理菩薩傍理菩薩

しばらくして彼女が帰ってきた。あるものを持って。

尾張青年尾張青年

え?何を持ってきたんですかね。

傍理菩薩傍理菩薩

それを受け取った息子の額には汗がにじんでいた。

尾張青年尾張青年

なんか相当やばいものを渡したんですかね。

傍理菩薩傍理菩薩

翌日また彼女は息子の運転で勤務先へ出かけた。
さて、問題じゃ。彼女が息子に渡したものはなんじゃと思う?

尾張青年尾張青年

ええ?さっぱりわからないですよ。いつもは母親を車で送り迎えするんでしょう? それでその日だけは布団にこもって母親を送らなかった。

傍理菩薩傍理菩薩

・・・

尾張青年尾張青年

だからなんか誓約書か、あるいは車の送り迎えはするけど家に引きこもっている息子が親にだまって借金をして、そのことが親にばれて・・・

傍理菩薩傍理菩薩

・・・

尾張青年尾張青年

念書かなにかですか?

傍理菩薩傍理菩薩

そなたの今まで話してきたことはぜーんぶ見当違いじゃ。

尾張青年尾張青年

はあ?

傍理菩薩傍理菩薩

答えは風邪薬。

尾張青年尾張青年

ええ?どうして?なんでそんなものになるの?

傍理菩薩傍理菩薩

そなたは固定観念により、1日中ひきこもっている無職の息子が母親の送り迎えだけは車を出していた。しかしある日それすらやらなかった。就職案内の電話も母親が見込みなしとして断るほどになっていた。そう受け取ったじゃろう。

尾張青年尾張青年

はい。

傍理菩薩傍理菩薩

それに気づいた母親が無理して返済し、返してもらった念書を息子に見せて、息子の額にはあせりのための汗が・・・と受け取ったんじゃろう。

尾張青年尾張青年

その通りですが、違うんですか?

傍理菩薩傍理菩薩

意地悪しすぎてすまんが、これは頭の体操のクイズゆえ、人間の固定観念をくぐり抜けた形でひねっておるんじゃ。答えはこうじゃ。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

彼女は毎日バス通勤をしておった。ちょうどその路線のバスの運転手が息子というわけじゃ。当然息子は母親よりもうんと早く自宅を出ておる。そして帰りのバスも息子運転じゃ。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

休みの日も彼女は息子の運転するバスに乗るんじゃ。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

しかしある日息子は風邪をひいてしまった。当然会社を休み自宅で静養しておったのじゃ。その日は彼女は別の運転手のバスで通勤したのじゃ。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

帰宅した彼女は、心配そうに寝ている息子を見つめる。就職案内の電話は関係ないゆえ、断るのは当然じゃ。そして近くの薬局へ相談に行ったのじゃ。そこで買ってきた薬を息子に渡す。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

布団から起き上がった息子の額は当然汗がにじみ出ておる。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

風邪が治った息子は元気にバス勤務に復帰し、母親はそのバスで出勤したというわけじゃ。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

どうじゃ、固定観念をいやというほどくぐり抜けねばならんほどやっかいな問題じゃったろう。

尾張青年尾張青年

それってもはやクイズの領域を超えているというか・・・。

傍理菩薩傍理菩薩

まあこうやって頭の体操としてクイズを日ごろからやっておらんとこの先永遠に後悔するのじゃ。

尾張青年尾張青年

クイズをやらんと永遠に後悔?

傍理菩薩傍理菩薩

悔(く)いずっとするのじゃ。

尾張青年尾張青年

・・・

ということで傍理菩薩でした。

傍理菩薩傍理菩薩

もう、さよなら?

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才でした。