尾張名古屋の永遠の23才です。

今日は傍理菩薩と尾張青年の会話です。

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才です。
今日も悟りについての話の続きですよね。

傍理人傍理人

前回は意識体は異なる時空間にそれぞれ存在する複数の肉体に宿る際にマップを使う話をした。

傍理人傍理人

マップには各々の時空間の肉体に対する大まかな解析結果が格納され、マップの下に詳細マップが紐付いておるんじゃ。

傍理人傍理人

詳細マップでは、マップに基づく各々の肉体のより具体的な特徴の解析結果が格納され、またさらにその下に詳細マップが紐付けられておるんじゃ。

傍理人傍理人

意識体はほとんど無意識ではあるが、結果としては自分の自由意志によってマップやその下の詳細マップを選択することで、マップを構成している、肉体に宿るためのプログラムに従って、肉体に宿るようになっておる。

傍理人傍理人

例えば、このままだと受験に失敗する。なので何とかしたい、そうした場合に、志望校を変えるマップを選ぶのか、

傍理人傍理人

それとも現在の志望校に合わせた勉強方法に変えるマップを選ぶのかは意識体の自由意思であるんじゃ。

傍理人傍理人

以上のような話をしたわけじゃな。

尾張青年尾張青年

じゃあ自分の人生を変えるということは、マップを選び直すってこと?

傍理人傍理人

まあそうじゃな。じゃが、車の運転と同じように、いろいろと規則があるわけじゃな。

尾張青年尾張青年

車の運転って?

傍理人傍理人

人は基本、車を自分の行きたいところへ動かすじゃろ?名古屋駅に行きたいのに、わざわざ、東名阪自動車道の四日市方面へ向かう人はおらん。

尾張青年尾張青年

まあ、そうですよね。

傍理人傍理人

じゃが車にも、道路にもいろいろなルールがある。
すなわち今現在、行きたい方向があれども、その先が一方通行による進入禁止や、このまま直進した場合、行き止まりになる場合もある。

尾張青年尾張青年

つまり道交法じゃないけど、マップを選択するにもそれなりのルールがあるってわけですね。

傍理人傍理人

そうじゃ。それに道路の場合、向かう方面は間違っておらなくても、先が渋滞になっておってこのままでは間に合わなくなるケースもある。

傍理人傍理人

そうした場合、道を変えるのがベストであろう。それと同じように、本来はこのマップではないが、やむを得ずこのマップを選択する場合もあるんじゃな。

尾張青年尾張青年

ところでマップって誰が作ってるの?

傍理人傍理人

誰も作ってはおらん。すなわち現在ある、それぞれの時空間の肉体人間の状態を解析した結果の集まりにすぎんのじゃ。

尾張青年尾張青年

誰が解析するの?

傍理人傍理人

それに関してはまた別途話すことにしようぞ。とにかく乱暴な言い方をすれば、天地の法則で時空間に肉体人間の状況は全てオープンとなっており、しかるべきツールを使えば誰でもマップとして集約できるっということじゃな。

尾張青年尾張青年

傍理人傍理人

とにかく、マップがどうやって作られていくかについてはまた機会があったときとする。

傍理人傍理人

とにかくマップを選び直すにしてもいろいろとルールがあるわけじゃな。今の状況がいやとはいえ、そう簡単にササッと自分のいきたい肉体へ移動できるわけではないんじゃ。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理人傍理人

また続きは次回といたそうぞ。

傍理人傍理人

尾張名古屋の永遠の23才でした。