尾張名古屋の永遠の23才です。

先回に引き続き尾張青年と傍理人との会話をご覧下さい。

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才です。
昨日は宇宙は大きさは有限だが果てがないという話でしたよね。

傍理人傍理人

そうじゃのう。そしてこの地球上で有限の空間で果てがない状態が作られたとして西の方向へ移動し続けると一定の距離のところで元のところへ戻ってきてしまう異空間について話しておったのう。

尾張青年尾張青年

やっぱ難しいですね。球体の上を歩けるとして、元の場所に戻るのとどう違うんですか?

傍理人傍理人

それは例えば、地面に大きな円を描いて円に沿って移動して元の場所に帰ってきても、空間がつながっているということにはならんのと同じじゃ。

尾張青年尾張青年

円に沿って移動するのはわかりますよ。だって、1つの空間の中で移動しているだけだから。

傍理人傍理人

球体の上を歩いたとして、その球体が存在する1つの空間の中で移動しているだけじゃろう。もっとも円に沿っての移動が1次元的な移動に対して、球体の表面という2次元的な移動の違いがあるわけだがのう。

尾張青年尾張青年

では今言っている、果てのないつながった空間の中での移動とは?

傍理人傍理人

自分自身が存在している空間そのものが、一定の方向へ進んでいるにも関わらず、元々いた空間に戻ってしまうということじゃよ。

尾張青年尾張青年

でもそれなら地球上を一定方向で一周するのとなんら変わらんかと思うけど・・・。

傍理人傍理人

地球の周りは4万キロもあり、また地球をとりまく空間が巨大すぎるから、わかりにくいのじゃ。だから例えば、西の方向へ100メートル進んだら元の空間へ戻ってしまうという例を出しておるのじゃ。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理人傍理人

西の方向へ進むにつれて、自分の今いる実空間は変化するが、西の先に見える空間、すなわち仮想空間も今いる実空間につじつまを合わせた形で存在する。しかし、そのつじつま合わせが消滅してしまい、西の方向100メートルへ行った時点でそこから見える西の空間すなわち仮想空間が、既に通り過ぎた出発時点の仮想空間につなげられてしまった場合、次のようなことが起こるんじゃ。

尾張青年尾張青年

どんなことが起こるんですか?

傍理人傍理人

その人間は西の方向へ進み続ける限り、永遠に100メートル以上先の西の空間には移動できなくなってしまうということなんじゃ。

尾張青年尾張青年

よくわかりませんが、でもそれだったら、今度は東の方向を向けばいいのでは?

傍理人傍理人

この空間のつながりを東の方向へも適用したとする。つまり、東西の方向へ直線上で進む限りとした場合には、西にも、東にも100メートル先には行けなくなってしまうということになるんじゃ。

尾張青年尾張青年

ならその変な空間の法則を、出発地点から全方向、つまり360度に適用されてしまったら?

傍理人傍理人

そうなるとどちらの方向へ向かっても100メートル進んだ時点でのその先の仮想空間が出発地点となってしまうので、その人間は地面にいる限り、出発時点から全方向の100メートル以上は移動できなくなってしまうということになるんじゃ。

尾張青年尾張青年

これですと上空を飛んで移動するしかないですね。

傍理人傍理人

それはそうじゃ。もしある無重力空間があり、人間が空間上に浮いているとする。そして上下左右、斜めどの方向にも100メートル移動したら元いた地点に戻ってしまったとなった場合、その人間はその空間に閉じ込められてしまっていることになるんじゃ。

尾張青年尾張青年

空間に閉じ込められるですか・・・。

傍理人傍理人

この場合には3次元的にはこの閉じ込められた人を救うのは不可能ということじゃ。

尾張青年尾張青年

つまりは他の人がその空間内にいる人を認識するには、その空間にいないといけませんからねえ。しかしそうなると今度はその人ですらも一緒に閉じ込められたことになる。

傍理人傍理人

まあ、そうなるわけじゃな。厳密に言うとちょっと違うが今それを言ってしまうと混乱してしまうからのう。

尾張青年尾張青年

でもその空間の外側にいる人にとってはその空間はどのように映るんですかねえ。

傍理人傍理人

これも厳密な前提が条件となるんじゃがそれは別として、外側にいる人にはその空間は認識されんのう。空間が認識された時点でその空間に閉じ込められるわけじゃからのう。

尾張青年尾張青年

空間に閉じ込められた人は、物理的な柵がないけど、どこへ移動しても元の位置に戻ってしまうんで、たまらんですね。

傍理人傍理人

そうじゃ。その閉じ込められた人を地球に置き換えたらどうなる?

尾張青年尾張青年

すると地球自体が宇宙空間という空間に閉じ込められているということですか?

傍理人傍理人

ま、そういうことになるのう。そして月や太陽、星が、バーチャルなホログラムだったとすればどうなるのう。

尾張青年尾張青年

え?それって本当の話なんですか?

傍理人傍理人

傍理人が語る内容にすぎん。

尾張青年尾張青年

まっ、でもSFの世界ということで、人間が住んでいる世界が地球しかなく、それを取り巻いているのは、大きさが有限の、せいぜい地球の直径の10倍ほどの大きさで、太陽も月も、太陽系の惑星も星座の星もすべてホログラムだったとすれば、ロマンがふっとんでしまいますねえ。

傍理人傍理人

ま、並行時空や多次元思想を入れん限りは、地球は閉塞した存在ということにはなるのう。ところでなぜ宇宙空間は黒色かわかるかのう。

尾張青年尾張青年

え?

傍理人傍理人

宇宙空間は人によっては本当は澄んだ紫色とか、明るい空間とか言われるがのう。一般的には黒色じゃのう。少なくとも地球の周囲の宇宙空間では。

尾張青年尾張青年

それはなぜですか?

傍理人傍理人

例をとってみようぞ。そなた、自分の部屋閉め切ったままで明かりを消したらどうなる?

尾張青年尾張青年

それは真っ暗になりますね。

傍理人傍理人

それと同じなのじゃ。宇宙空間は閉じられている空間ゆえ真っ暗なのじゃ。

尾張青年尾張青年

え?でも太陽があるじゃないですか。恒星もたくさんあるし・・・。

傍理人傍理人

閉め切った部屋で豆電球をともせばその暗闇は消えるかのう?

尾張青年尾張青年

暗いままですが。

傍理人傍理人

太陽や星はホログラムでそれ自体は燃えていないとすれば、空間自体が明るくなるはずはないではないか。

尾張青年尾張青年

じゃ、なぜ地球は太陽に面している部分は明るいんですか?

傍理人傍理人

それはのう、地球の表面で明るくなるような細工がされておるからじゃ。

尾張青年尾張青年

ええ?何それ!

傍理人傍理人

あくまでもこれはハタリの教えの1つじゃ。でここでタイムマシンの話につなげたいのじゃが、また次回にするかのう。

尾張青年尾張青年

タイムマシンにどうつながるんですかねえ。

傍理人傍理人

それは明日の楽しみじゃ。それにしても地球が閉じ込められていたとすると、明日の地球はどうなるかのう。明日アースは。

尾張青年尾張青年

・・・

ということで傍理人でした。

傍理人傍理人

もう、さよなら?

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才でした。