尾張名古屋の永遠の23才です。

今日は傍理人と尾張青年をお送りします。

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才です。
・・・

傍理人傍理人

どうしたのじゃ?

尾張青年尾張青年

いやあ知人がですねえ。

傍理人傍理人

知人のう。

尾張青年尾張青年

自分よりも20才も下のしかも女の子から「ちゃん」付で呼ばれてるんですよ。

傍理人傍理人

ほう、それで知人は悩んでおるというわけじゃな。

尾張青年尾張青年

いやそれがね、知人は何とも思ってないようなんですよ。

傍理人傍理人

20才も下の異性からそんな呼び方をされてでもか?

傍理人傍理人

その女性とは特別な関係かもしれないのう。相手はいくつぐらいじゃ?

尾張青年尾張青年

まだ高校生3年生ですよ。

傍理人傍理人

何と!!

妙峰貴人妙峰貴人

ああ~♪ あ~あ~あ~ ♪ 高校3年生~ ♪

傍理人傍理人

こんなところで舟木一夫の歌を歌わないでください!

妙峰貴人妙峰貴人

ぺんぴきぺん ♪

傍理人傍理人

はいはい、御退場!高貴な御方は御退場!!

傍理人傍理人

ところで相手が高校生で、特別な関係ともなればそれこそ「ツトム君」ではないかの?

尾張青年尾張青年

ツトム君?

妙峰貴人妙峰貴人

山口さんちのツトム君 ♪ このごろすこしへんよ~ ♪

尾張青年尾張青年

山口さん? いやいやそんな関係じゃないっすよ。

尾張青年尾張青年

ていうか、どうして傍理人さままで、そんなぶちかましに乗せられてるの?

傍理人傍理人

・・・(汗)

尾張青年尾張青年

特別な関係というのは、従兄妹というだけ。

傍理人傍理人

それをはよう言わんか! いつまでも引き伸ばすからこちらもぶちかましを受け入れざるをえなかったのじゃ!

尾張青年尾張青年

よかったですね、いい言い訳が思いついて。

妙峰貴人妙峰貴人

そうだらだらと話を展開せずに、テンポよく進めんか!!

尾張青年尾張青年

!!!(はぁ??)

妙峰貴人妙峰貴人

この未熟者めが!(Meの御言葉をぶちかましと言いおって!)

尾張青年尾張青年

!!!(怒)

傍理人傍理人

とにかくそちの従兄妹の女子高校生は20才下じゃが、そちを「ちゃん」付けするというのじゃな。

尾張青年尾張青年

僕じゃなくて、知人ですよ。でも別の知人の場合、従兄妹でも年上に対しては、「にいさん」「ねえさん」を付けるそうですよ。

傍理人傍理人

まあそれぞれの考え方やのう。

尾張青年尾張青年

やっぱ世代ですかねえ?

傍理人傍理人

いや、それは違うのう。世代ではなく、その家系の考え方じゃないかのう?

傍理人傍理人

例えば従兄妹はある意味、兄弟姉妹間の延長だからのう、特に上下関係がなければ「君」「ちゃん」づけではないかのう。

尾張青年尾張青年

まあ、僕自身も70過ぎのイトコに「ちゃん」付で呼んでますからねえ。

傍理人傍理人

じゃが、年齢で上下関係が出てくる家系ならば、年上のイトコを呼ぶ時は「さん」付となろう。

傍理人傍理人

またそれに対して矛盾を感じる家系もあり、兄の結婚が遅くて、一回りも下の弟の方が結婚が早く、その弟の子供の年が兄の子供の年よりも上だった場合、

傍理人傍理人

兄の子供が弟の子供を「さん」付で呼ぶのには兄にとっては違和感が漂うのう。

尾張青年尾張青年

僕が見渡す限り、イトコには年齢の上下なく、「君」「ちゃん」で呼んでいるところが多いですね。

傍理人傍理人

まあ、こればかりは家系それぞれではないかのう。

尾張青年尾張青年

なんか今日は話が軽すぎたけど・・・、まっいいか!
尾張名古屋の永遠の23才でした。