尾張名古屋の永遠の23才です。

今日は傍理人と尾張青年をお送りします。

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才です。
・・・

傍理人傍理人

どうしたのじゃ?

尾張青年尾張青年

いやあ・・・、知人の子供がですねぇ。

傍理人傍理人

今度は知人の子供かのう。

尾張青年尾張青年

小学校で四則演算を習っているんですけど・・・、とりあえず丸暗記でなんとか済ませているけど・・・。

傍理人傍理人

丸暗記?一体どういうことじゃ?

尾張青年尾張青年

だから和差積商の計算の仕方を丸暗記ですよ。例えば掛け算なら九九の丸暗記で、後はその応用とか?

傍理人傍理人

丸暗記というよりは、計算の仕方を暗記というわけじゃろ?

尾張青年尾張青年

ま、そうですね。

傍理人傍理人

ではその知人の子供は何に理解ができておらんというのじゃ?

尾張青年尾張青年

数のやりとりの概念が湧かないというんですよ。

傍理人傍理人

概念じゃと?

尾張青年尾張青年

そう、直感で把握できて納得できる概念ですよ。

傍理人傍理人

今ひとつわからんのう。

尾張青年尾張青年

例えば1足す1は2って直感で把握できるでしょ?

尾張青年尾張青年

みかんがひとつあって、もう一つみかんがあれば、ひとつ、ふたつと直感でわかるじゃないですか?

傍理人傍理人

まあ、そうじゃの。

尾張青年尾張青年

だけど例えば3×3って何?ってことですよ。

尾張青年尾張青年

知人の子供はそこは九九の「さざんがく」の暗記の仕組みを借りて3×3=9って即答できるけど、

尾張青年尾張青年

みかんが1つに対してもう1つってような目に見える概念が生まれにくいじゃないですか。

傍理人傍理人

ほう・・・。

尾張青年尾張青年

3×3の中の左側の3はそれは視覚に現れるものですよ。みかん3つとか、何か物体で置き換えられるじゃないですか。

尾張青年尾張青年

だけど3×3の中の右側の3は、3倍を表すいわば抽象概念じゃないですか?

尾張青年尾張青年

3×3を抽象概念を全く使わないで表現することは無理だと思うんですよね。

傍理人傍理人

そんなものは取り敢えず・・・、今の所は計算の仕方を覚える形で済ませておけばいいではないか。

傍理人傍理人

そのうち大人になるにつれて抽象概念が育ってくるから別に今は気にしなくてもよかろうがの。

尾張青年尾張青年

それがですね、大人になっても抽象概念が生まれてないのではという人もいるんですよ。

傍理人傍理人

何じゃと?

尾張青年尾張青年

僕のもう1人の知人の息子ですがね、もう40になるんですけど、簡単な足し算や引き算はできるんですけど、

尾張青年尾張青年

簡単な掛け算や割り算は全くできないんですよ。

尾張青年尾張青年

その40の男性の場合はいきなり九九などの暗記に頼るのはいやだというこだわりがあるみたいで、3×3なら、右側のこの3って一体どうやったら数えることができるんだ?って、

尾張青年尾張青年

父親である僕の知人に聞いているようで、困り果ててるようなんですよ。

傍理人傍理人

ほう・・・。

傍理人傍理人

いや、それは数えられるかも知れんぞよ。

尾張青年尾張青年

まじっすかあ?

傍理人傍理人

少し目に見えない架空のものを想像できるならばの話じゃがな。

尾張青年尾張青年

どうやって?

傍理人傍理人

そもそも四則演算というのはいきなり答えの数(かず)分そこにあるのではなく、ストーリーがあるのじゃ。

尾張青年尾張青年

ストーリー?

傍理人傍理人

1+1なら、まず最初に1つだけあって、次にもう1つ現れることで2つになるというストーリーじゃ。

尾張青年尾張青年

なら3×3は?

傍理人傍理人

はじめは3しかない。それが3倍となって9となる。

傍理人傍理人

1+1の場合の右側の1は数えられるが、3×3の3は指差しで1、2、3と数えることができない。

尾張青年尾張青年

まあ、3倍というのはある意味概念だから、指差しでは無理ですね。

傍理人傍理人

じゃがの、3倍を指差しで数えられるようにするにはこうじゃ。

傍理人傍理人

いま3つのみかんがある。

尾張青年尾張青年

はい。

傍理人傍理人

今ここに魔法使いがおっての、魔法の杖を持っておる。

尾張青年尾張青年

魔法の杖・・・。

傍理人傍理人

その魔法の杖は、ものをコピペすることができるんじゃ。3つのみかんに向かって振り下ろすと、その3つのみかんをコピーするのじゃ。

傍理人傍理人

魔法の杖を振り下ろした際、3つのみかんの前に、魔法の杖の残像が残るのじゃ。

尾張青年尾張青年

魔法の杖の残像はしばらく残るんですか?

傍理人傍理人

そうじゃ。次に、魔法の杖を振り下ろすとコピーした3つのみかんを1セットペーストして出現させるのじゃ。

傍理人傍理人

再度、振り下ろすともう1セットペーストする。振り下ろした分、魔法の杖の残像とともに、同じ3つのみかんをペーストするのじゃ。

尾張青年尾張青年

つまり魔法の杖の残像の数が、3×3の右側の3ということ?

傍理人傍理人

そうじゃ。3個セットのみかんとともに、3つの杖の残像があって数えられるぞよ。

傍理人傍理人

2×5の場合、2をコピーしたときにできた1つの魔法の杖の残像と、4回ペーストしたときにできた4つの残像の合わせて5つの残像じゃ。

尾張青年尾張青年

そんなんでわかるかなあ・・・。

尾張青年尾張青年

それじゃあ、割り算は?
9÷3でいいや。

傍理人傍理人

割り算の場合には、最初に割られる前の数がそこにある。

傍理人傍理人

その中のいくつかを包む巨大な手が存在するのじゃ。

尾張青年尾張青年

巨大な手?

傍理人傍理人

9÷3の場合じゃと、最初に9個のみかんがあるわけじゃな。

尾張青年尾張青年

まあ、そうですね。

傍理人傍理人

その中からみかんを3つ巨大な手がつかんだままの状態でそこに現れるわけじゃ。

傍理人傍理人

すると余るのが6つのみかんじゃ。次の別の巨大な手がさらに3つつかんだまま現れる。

傍理人傍理人

最後に3つめの巨大な手が残り3つをつかみ取る。つまり各々の巨大な手の中にある数が、9÷3の右側の3なのじゃ。

尾張青年尾張青年

その巨大な手の数が、9÷3の答えということですか・・・。

傍理人傍理人

そうじゃ。9÷3の場合、手の中にある数と手の数が同じになってしまうから10÷2の場合で考えると、

傍理人傍理人

10個のみかんの中の2個をつかんでいる巨大な手が5つということじゃ。

傍理人傍理人

この場合10÷2=5のどれもが視覚的に追えるじゃろう。

尾張青年尾張青年

僕に聞かれたって、抽象概念の方ですぐ処理してしまうんで・・・、あ、そうだあの高貴な御方に聞いてみれば?

尾張青年尾張青年

もしも~し!高貴な御方!!

傍理人傍理人

・・・(汗)(いいのか・・・、呼んでしまって・・・)

妙峰貴人妙峰貴人

ほいほ~い ♪

妙峰貴人妙峰貴人

Meは高貴な御方!さあ、どんな質問にも御答えをさずけよ~ドチンキ!

尾張青年尾張青年

先程のみかんの例だとわかりやすいですかあ?

妙峰貴人妙峰貴人

わかりやすくな~い!

尾張青年尾張青年

へへ・・・(笑)

傍理人傍理人

それはどうしてですか?

妙峰貴人妙峰貴人

みかんの例では未完に始まり未完に終わるぅ!

傍理人傍理人

・・・

尾張青年尾張青年

なんて反応すればいいか、よくわからないですねえ。
尾張名古屋の永遠の23才でした。