尾張名古屋の永遠の23才です。

今日は傍理人と尾張青年の会話です。

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才です。
どちらを選択したらいいか迷ったときの対処方法の続きですよね。

傍理人傍理人

前回、人には未来からやってきたもう1人の自分が必ず存在するという話をしたんじゃな。

傍理人傍理人

すなわち人間は過去から未来への一直線上を進んでおるのではなく、常に未来から過去に進む自分が同時に存在しておるわけじゃな。

傍理人傍理人

早い話、未来について迷ったら、もうひとりの未来からきた自分から情報を取得すればよいわけじゃ。

傍理人傍理人

ただし、もうひとりの自分が歩んできた未来は、自分がこれから歩む未来とは必ずしも一致しないがの大枠では同じになるんじゃな。

尾張青年尾張青年

それで、どうやってもうひとりの自分から情報を引き出すの?

傍理人傍理人

それは自分ともうひとりの自分が同時に意思疎通できるポイントに意識を合わせるわけじゃ。

尾張青年尾張青年

それでその方法について今回お話しするんですよね?

傍理人傍理人

そうじゃ。それでどうやってもうひとりの自分とコンタクトするか。

尾張青年尾張青年

どうやって?

傍理人傍理人

詳しい話は割愛するが、天地の法則上、人間はもうひとりの自分を知覚できないようになっておるんじゃ。

尾張青年尾張青年

え?

傍理人傍理人

但しもうひとりの自分をこの自分と同じ姿では知覚できないということじゃ。

尾張青年尾張青年

じゃあ知覚自体はできるの?

傍理人傍理人

そうじゃな。

傍理人傍理人

但し自分とは違う姿でじゃな。

尾張青年尾張青年

どういうこと?

傍理人傍理人

それはの、友人の姿をとることもあるし、教師の姿をとることもある。さらには恋人や家族の姿をとることもじゃな。

尾張青年尾張青年

自分以外の人間で、ってこと?

傍理人傍理人

人間だけではないぞよ。本や映画、動画からもありうるんじゃな。さらには自然の光景や音楽、絵画からもありうるんじゃ。

傍理人傍理人

知覚を研ぎ澄ませば必ずもうひとりの自分から情報を引き出すことができるのじゃ。

傍理人傍理人

要は『気づき』という形でもうひとりの自分から情報を得ることができるのじゃな。

傍理人傍理人

そしてその情報を得ることで自分の行いを変える。そうすることで新しい未来の方向へ舵を切ることができるのじゃ。

傍理人傍理人

そしてその時点で、切り替わった新しいもうひとりの自分から情報を得ることで、さらに行動を変えることもあり得るのじゃ。

傍理人傍理人

尾張名古屋の永遠の23才でした。