尾張名古屋の永遠の23才です。

菩薩物語はまだまだ続きます。今回は傍理菩薩と尾張青年の会話となります。

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才です。
・・・

傍理菩薩傍理菩薩

なんじゃ、まだわかりにくいところがあるんじゃな?

尾張青年尾張青年

わかりにくいところじゃなくて、わかりやすくしてください!

傍理菩薩傍理菩薩

・・・

尾張青年尾張青年

ひもですよ。

傍理菩薩傍理菩薩

自分は遊んでいて、相手に稼いでもらっているだけの・・・。

尾張青年尾張青年

違いますぅ!ですよ!

傍理菩薩傍理菩薩

ああ、ダイエットによいそうじゃのう!真っ直ぐ跳んでいるだけで軽いジョギングより効果があるそうじゃ。だが2重とびだと少しきついのう。

尾張青年尾張青年

そんなことを言っていると・・・、もう見られてますよ!

傍理菩薩傍理菩薩

・・・

妙峰如来妙峰如来

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

・・・(これはまずい、真面目にせねばのう。)

尾張青年尾張青年

でしょ? んで僕が言っている紐とは
ナンデスカ?

傍理菩薩傍理菩薩

菩薩物語に出てくる「サポート用に連結可能なひも」でございます。

尾張青年尾張青年

そうそう、そうこなくちゃ。

妙峰如来妙峰如来

・・・(出番がなくなった。)

尾張青年尾張青年

で、そのひもがよくわかんないんですよ。それが人間から出ていてそれをつかむことでサポートできるというのが。

傍理菩薩傍理菩薩

ひもというのは、人間には見えないもので、乱暴な例え方をすれば、人間の脳波のようなものなのじゃ。

尾張青年尾張青年

脳波?

傍理菩薩傍理菩薩

人間が思考するときに発せられる脳波を仮にコントロールできたとしてそれをコントロールすることで思考を左右する。ひらめきも与えることができる。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

菩薩物語では、人間は1人では生きていくことができず、絶えず守護霊が何体かついており、その守護の元にいろいろな行動ができるという設定なんじゃ。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

そして人間からは目に見えない形のひもが出ていて、普段は守護霊たちがそれを握ることでサポートをしているのじゃ。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

じゃが人間が精神的に弱ってくるとひもが変形するなど、異変が起きて守護霊たちがつかめないようになるんじゃ。

尾張青年尾張青年

そうなると守護霊はサポートできなくなるということですね。

傍理菩薩傍理菩薩

そうじゃ。そうなると守護霊以外の霊につかまれてしまう危険性もあるということなのじゃ。

妙峰如来妙峰如来

PCがウィルスにかかるようなもの。アンチウィルスソフトに守られてないと、トロイの木馬にかかってしまって、PC自体がとろい動きになってまう!(出番入れた!)

尾張青年尾張青年

守護霊以外の霊につかまれると人間の言動も、↑↑↑のようなレベルになってしまうということなんですね。

傍理菩薩傍理菩薩

そうなんじゃ。だからこそ守護霊がつかめなかった今、妙法菩薩が守護霊の代わりにつかむことでよしひろを守っておるんじゃ。

妙峰如来妙峰如来

・・・(出番強引に入れたら、返り討ちにあった。もう、うちへ帰る!帰りうち!)

尾張青年尾張青年

やはり紐のこういった説明も欲しかったなあ。

傍理菩薩傍理菩薩

今後どうしたらよいかのう。

尾張青年尾張青年

だから菩薩物語の中に説明を入れればいいだけのことですよ。

妙峰如来妙峰如来

説明は私が担当しましょう!

傍理菩薩傍理菩薩

ということで私、傍理菩薩でした。

尾張青年尾張青年

(すごい切り回し!)

妙峰如来妙峰如来

もう、さよなら?

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才でした。
次回は菩薩物語の第9回です。