尾張名古屋の永遠の23才です。

菩薩物語はまだまだ続きます。今回も前回に引き続き傍理菩薩と尾張青年の会話となります。

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才です。
昨日は話が重たかったですねえ。

傍理菩薩傍理菩薩

そのうち軽くなるのじゃ。

尾張青年尾張青年

軽くなるって?

傍理菩薩傍理菩薩

そのうち、わしのこれから言わんとすることが自然にわかってきて楽しみで仕方なくなるのじゃ。

尾張青年尾張青年

でもあまりにも突拍子もない内容じゃないですか。

傍理菩薩傍理菩薩

ま、とにかくその先があるのじゃ。前回では、人間の意識はその人自身のメインと、複数の他人のサブで構成されておることを話したが、それはよいな。

尾張青年尾張青年

まあ、ハタリの教えということでわかりました。

傍理菩薩傍理菩薩

そこから次のことがはっきりするのじゃ。

尾張青年尾張青年

何がはっきりするんですか?

傍理菩薩傍理菩薩

悪事はしても意味がないということじゃ。

尾張青年尾張青年

そんな道徳論をいきなりここで突っ込んでも、話の流れが途切れるだけじゃないですか。

傍理菩薩傍理菩薩

話の流れはあるぞよ。

尾張青年尾張青年

前回の生きる意義とどうつながるんですか?

傍理菩薩傍理菩薩

まず悪事についてそなたに質問じゃ。

尾張青年尾張青年

どうぞ。

傍理菩薩傍理菩薩

悪いことをしてもいいか?

尾張青年尾張青年

そんなの答えられるわけないじゃないですか。何が悪いかということを定義してないんだから。例えばダジャレを言って人をしらけさせるは悪いことだなんて言われたらどうします?

妙峰如来妙峰如来

ダジャレを言って人をしらけさせるなど、もってのほかじゃ!
ダジャレをいうのは誰(ダレじゃ
オヤジギャクをいうと、っ!ヤジが逆(ぎゃぐ)にとんでくるぞよ!

尾張青年尾張青年

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

悪いことの定義がぼやけておったのう。

妙峰如来妙峰如来

(出番これまで?)

傍理菩薩傍理菩薩

では質問を変える。バーゲンセールで順番に並んでいるところへ横入りしたらどうか?

尾張青年尾張青年

それはいかんですねえ。

傍理菩薩傍理菩薩

それをやったらどうなる?

尾張青年尾張青年

横入りされた方は怒りますよ。

傍理菩薩傍理菩薩

では横入りした者がそこで横入りのままセールにあやかれた場合その者は得したことになるか?

尾張青年尾張青年

というか、人の怒りを買ったまま自分の都合を押し通すことが得かどうかという質問なんですよね。

傍理菩薩傍理菩薩

この場合道徳の観念は一切無視した上での話じゃ。その者は得したことになるか?

尾張青年尾張青年

道徳無視の話だと、損得の定義がずれてきますが、まあ本来の意味でない、得ではあるけど、得したことになるでしょうね。セールにあやかれたんだから。

傍理菩薩傍理菩薩

ではもう少し突っ込んだ質問にする。その者は損したことになるか?

尾張青年尾張青年

人の犠牲を犯しているのでそういった意味では損だけど、道徳無視だと、損という言葉は当てはまらないけど、・・・。

傍理菩薩傍理菩薩

損したのか、損してないのか?

尾張青年尾張青年

そんな割り切って答えられる内容ではないでしょう。

傍理菩薩傍理菩薩

それがはっきりしておるんじゃ。そういうことをやると。つまり、損したかどうかにおいては、した、しないの明確な答えがあるんじゃ。さあ、損したのか?してないのか?

尾張青年尾張青年

じゃあ、損してない!

傍理菩薩傍理菩薩

ファイナルアンサー?

尾張青年尾張青年

そうやって引っ張るのおもろないっす!はいはい、ファイナルアンサーっす。

傍理菩薩傍理菩薩

答えは、損したのじゃ。

尾張青年尾張青年

はい?

傍理菩薩傍理菩薩

バーゲンセールで人の横入りをしてセールにあやかれた場合、それはとても損したことになるのじゃ。

尾張青年尾張青年

ってことは道徳的にでしょ?だって人に痛みを与えるんですから、痛みを受けた人はもちろん、与えた人は損したんですよね。

傍理菩薩傍理菩薩

いや、道徳的にではない。実際に損したのじゃ。

尾張青年尾張青年

ってことはセールにはあやかれたけど、人の痛みを良心がとがめて、結局ハッピーになれなかった、ってこと?子供じみた理論だけど。

傍理菩薩傍理菩薩

その者は良心が痛まない。痛む者は最初から横入りなどしない。

尾張青年尾張青年

じゃあどう損してるの?

傍理菩薩傍理菩薩

そこじゃ。前回、人の意識は自我がメイン、あとは他者のサブによる意識体の集合であると説いたはずじゃ。

尾張青年尾張青年

それで?

傍理菩薩傍理菩薩

横入りした者は横入りされた人たちからひんしゅくを買うことになった。

尾張青年尾張青年

横入りされた人たちは当然横入りした者に怒りの念をいだきますよねえ。

傍理菩薩傍理菩薩

横入りした者の意識のサブの集合体には、横入りされた者たちがたくさん含まれておる。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

つまりひんしゅくを買う規模が大きければ大きいほど横入りした者の意識の中でサブがメインに対して怒り狂うということなのじゃ。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

これが究極の状態になると、メインは意識の中の主導権を奪われるんじゃ。サブたちによって。

尾張青年尾張青年

つまりなんですか。周囲の人たちに怒りを買えば買うほど、意識の中で周囲の人たちのサブ意識がメイン意識を駆逐していくということなんですか?

傍理菩薩傍理菩薩

まさにそうなんじゃ。昔、星新一氏の作品の中に、人を殺めると、殺められた方の魂が殺めた方の魂を肉体から追い出して代わりに自分が居座るといったストーリーがあったのじゃが、まさにそんな感じなのじゃ。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

つまり、他人に迷惑をかけるとかえって迷惑をかけられた方の意識体によって自分の自由がその分奪われるということになってしまうんじゃ。

尾張青年尾張青年

何だが複雑すぎますね。

傍理菩薩傍理菩薩

逆に人に尽くして人から感謝されると、自分の意識体の中のサブがいろいろとメインにいろいろな形で恩返しをすることになるんじゃ。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

よって昔からの格言で「情けは人のためならず」とあるのはそこなんじゃ。

尾張青年尾張青年

・・・

傍理菩薩傍理菩薩

例え人の何十倍も努力して地道に進んでも、人を犠牲にしたり、人を裏切り続けた形を伴った場合には、結果、肝心要(かなめ)の「決断」の部分で被害にあったサブたちがメインの意識を上回って自滅するような選択をさせられるんじゃ。

尾張青年尾張青年

じゃあ、運がついていないと嘆いている人はみなそうなんですか?

傍理菩薩傍理菩薩

肝心なところで逆の決断をして墓穴をほってばかりいる人は、例え直接人に悪さをしていなくても、マイペースすぎて反感を買い続けていることがあるんじゃ。

尾張青年尾張青年

じゃあ、何をするにしても周囲の人の顔色を伺え!ってことになっちゃいません?

傍理菩薩傍理菩薩

ストレートにはそうなんじゃが、そうなると自分が異端になっている場合、例え悪いことをしておらずとも、結果的にはそうなりはする。

尾張青年尾張青年

じゃあ、ダメじゃないっすか!

傍理菩薩傍理菩薩

いや、それゆえ、自分が異端になった場合にはある方法を使えばその窮地を招かずとも済むのじゃ。

尾張青年尾張青年

どちらにしてもまず根本理論がぶっ飛んでるんでその先の展開を聞いたって・・・。

傍理菩薩傍理菩薩

聞くのじゃ。大事なことなのじゃ。これを聞けば今まで人間生活で不可解と思われたことが全て氷解するのじゃ。

尾張青年尾張青年

わかりましたあ。じゃあどうぞ。

傍理菩薩傍理菩薩

それは次回にするのじゃ。

尾張青年尾張青年

話を引っ張りに引っ張って、その先内容が薄かったらどうなるかわかりますよねえ!

傍理菩薩傍理菩薩

どんどん内容が濃くなっていくからそれは問題ないのじゃ。

尾張青年尾張青年

リョーカイですぅ。今日もハタリの教えなしで〆るでいいですね。

傍理菩薩傍理菩薩

そうじゃな。

尾張青年尾張青年

尾張名古屋の永遠の23才でした。